1. HOME
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

全般について

英語が全く話せませんが大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。フィリピン・セブ留学の最大の特徴は、マンツーマン授業の充実です。
マンツーマン授業の良い点は、生徒のレベルや希望に合わせた授業が提供できることです。英語圏の英語学校では、一般的に、一人の先生に対し、複数の生徒でのグループレッスンが主流です。英会話初心者の方ほど、マンツーマン授業が主流のフィリピン・セブ留学が適してると言えます。自ら勉強するのはとても難しいことですが、フィリピン・セブでは英会話を始める環境が整っています。同時に、自分のことを英語で伝えることのできないもどかしさを実感することになるでしょう。最初はそれでいいのです。英語で話す訓練を受けていない私達なんですから。できない現実をまず受け入れると、英語をもっと話せるようになりたい、という気持ちが強くなっていくはずです。

そもそもフィリピン人は英語が話せるのですか?

フィリピンは世界有数の英語国で、ほとんどの人が英語を話します。
フィリピン人の母国語はタガログ語等のフィリピン語です。英語が母国語ではない、という条件は日本もフィリピンも同じですが、フィリピンでの英語教育は、日本のものとは正反対の方式がとられています。まず、学校の授業はネイティブの先生によって行われます。教科書もすべて英語で書かれています。一般生活においても、英語圏の番組がそのまま放送されています。字幕はありません。子供たちも字幕なしで英語の映画、番組を見て理解しています。このように英語を公用語として実践する場が国レベルであるのがフィリピンです。

フィリピン人講師はどんな人たちですか?

講師になる条件は大変厳しく、いくつもの試験を通ってきた優秀な人達です。
フィリピンでの義務教育過程においては「使える英語」をベースにしていますが、大学等の高等教育になると、より徹底的に専門的な角度から英語を叩き込まれます。授業、論文、スピーチもすべて英語でこなせないと卒業ができないのです。驚くことに彼らの多くは、英語を専攻としているわけではありません。他に専門を持ちながらも、英語も完璧を求められるフィリピンの大学生。フィリピンでの英語学校の講師たちは、更に優秀な医学系を専門とした卒業生が多いのも特徴です。

フィリピン人講師の訛りは大丈夫ですか?

Blue Ocean Kidsでは、特に英会話初心者の方にとって、講師の訛りは100%気にしなくて大丈夫、と自信を持ってお答えしています。
「訛りがあるかないか」で問われると、一般的には、訛りがあります。何故ならば、フィリピン人にとって英語は公用語であれ、母国語ではないからです。そうは言っても、フィリピン英語は、約30年間アメリカの植民地であったことから、アメリカ英語が主流で、日本人には馴染みがあり、他の英語国であるアジア諸国(インドやシンガポール)よりも分かりやすいクセのない英語と言えるでしょう。
実は、訛りのない英語、という定義が難しく、英語圏で考えてみても、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語等など、国ごとに違いがあります。更には、地域によっても発音やイントネーションが微妙に違い、それを訛りと呼ぶこともあります。
もうひとつの観点として、英語を母国語としない人が、自国語の発音やイントネーションを引きずりながら英語を話すことが、訛りとも言われます。例えば、日本人の英語訛りの典型的なものは、LとRの発音の区別が不明確で、文面に抑揚がないことです。逆にフィリピンでは、LとRの区別は明確ですが、R発音が強い人が多いと言われています。これには諸説がありますが、約300年もの間、スペイン支配下にありましたので、スペイン語の影響と考える人が多いようです。

Blue Ocean Kidsが目指す英語とは、テストの点数では測れない、真のコミュニケーションのための、世界に通じる英語です。日本人はその学校教育の中や社会の中で、間違えることはいけないことだ、という概念を身につけてきました。正確さや真面目さは日本人の良い部分であり、紛れもなく世界に誇れる部分です。しかし、英会話については、少し違う考え方をしてみてください。
英語が公用語となるグローバルな舞台で活躍できる人は、英語を完璧に話す英語圏の人のみなのでしょうか?答えはNoです。世界規模で考えると、英語以外の母国語を持つ人たちの人口のほうが、はるかに多いのが現実です。英語はあくまでもコミュニケーン・ツール。英語を完璧に話したり書いたりすることが目的ではありません。国境を超え、英語でお互いを理解することが大事なんだ、と言うことを忘れなければ、ちょっとした文法や発音の違いは気にならなくなり、むしろ個性としてお互いを尊重できるようになります。

フィリピンで英語留学ってどういうことですか?

フィリピンは世界有数の英語国で、英語コミュニケーション能力の高さから、例えばマイクロソフト、IBM、シティバンク等の世界的企業のコールセンターがフィリピンで運営されています。そんな世界に通用する英語力を持つフィリピンに、英語留学の場として目を付けたのはお隣韓国です。韓国は日本とは比にならないほどの競争社会で、海外への輸出や海外進出が経済の中心となっていいますが、国内の労働市場が人口に比べても小さいため、少ないポジションを多くで奪い合う背景があります。安定した大企業に勤めるためには英語が必須条件になり、大げさではく、英語ができるかできないかは死活問題となるのです。裕福な家庭では子供を英語圏に留学させることができましたが、一般家庭では、費用が高すぎて手が届きません。そんな中、費用が安く、しかも近い、手の届く留学先として、今からちょうど20年ほど前にフィリピン全土で韓国資本の英語学校が設立され始めました。そして、フィリピン留学ブームが到来。今に至っては、韓国では英語のためのフィリピン留学はあたりまえで、留学生が低年齢化しているのも特徴です。韓国からフィリピンに来る留学生の大部分は、なんと、小学生です。このように韓国から始まったフィリピン留学は、今日では日本、韓国、中国、台湾、東欧、南米などから、年間十万人を超える留学生が利用する、確実な英会話習得方法として認識されています。

年齢制限はありますか?

年齢制限はありません。幼稚園のお子様から授業を受けることが可能ですが、費用対効果の観点から小学生低学年からがお勧めです。未就園児には、英語でのベビーシッターサービスもありますので、ご相談下さい。英語の勉強に年齢は関係ないことから、60代、70代のシニア留学にも対応しています。

留学の1日のスケジュールを教えてください。

50分授業10分休みを1時間とした、モデルケースになります。

6時半 起床
7時〜7時45分 朝食
8時〜9時 1時間目 マンツーマンレッスン(スピーキング)
9時〜10時 2時間目 グループレッスン(スピーキング)
10時〜11時 3時間目 マンツーマンレッスン(ライティング)
11時〜12時 4時間目 マンツーマンレッスン(ボキャブラリー)
12時〜12時45分 昼食
13時〜14時 5時間目 マンツーマンレッスン(リスニング)
14時〜15時 6時間目 マンツーマンレッスン(スピーキング)
15時〜16時 7時間目 グループレッスン(ライティング)
16時〜17時 8時間目 グループレッスン(文法)
17時半〜18時15分 夕食

夜は自習時間に当てます。
詳細については各学校紹介・時間割を参照願います。

フィリピンでTOEFLやTOEICなどの試験が受けられますか?

はい、国際的な英語試験はフィリピンで受けることができます。日本よりも安く受験できますので、会社や学校で必要がある方にはお勧めしています。日時場所は決まっていますので、ご希望する方は、申し込み時にご相談ください。

留学前にどんな勉強をしたらいいですか?

Blue Ocean Kidsでは、出発前にご家族で以下の2点ことを取り組んで頂きたいと考えています。

  • 基本的な挨拶
    コミュニケーションは挨拶で始まり、挨拶で終わります。自然に口から出るように、ご家庭の中で使う挨拶を今日から英語に変えてみましょう。日々使っていると気持ちもこもってくるものです。英語に加え、フィリピン人の母国語であるタガログ語の「はじめまして」と「ありがとう」も覚えて頂きたいです。英語を勉強しに行くのになんでタガログ語を・・・と疑問に思われますか?
    Blue Ocean Kidsが考える真の国際人は、ただ英語が話せればいいわけではありません。世界に飛び出していくと、様々な状況で、多国籍の人々に出会うことになります。想像してみてください。思いがけず外国人に出会ったときに、笑顔で「はじめまして、こんにちは」と日本語で言われたら、どのような印象を受けますか?コミュニケーションの基本となる相手国の挨拶を多く知れば知るほど、良い出会いが増え、スムーズなコミュニケーションが始められます。
  • *英語での基本挨拶
    • Hello/Hi
    • Good bye
    • See you tomorrow!
    • Have a nice day!
  • *英語でのお礼
    • Thank you/You are welcome.
  • *タガログ語
    • 元気ですか?はじめまして Kumusta po kayo ?(クムスタポ カヨ)
    • ありがとう Salamat(サラマッ)
  • 何故かを考えるクセをつける。
    欧米では子供のころから、自分の意見を発表し、何故そう思うかを、論理的に説明する文化と環境があります。英会話授業の中でも、「あなたの意見は何ですか?」「あなたは何故/どうしてそう考えるのですか?」と、事あるごとに聞かれ、自分の意見を言うことに慣れていない日本人は、時々うんざりしてしまうこともあります。最近も、フィリピン・セブに留学した高校生から「授業でwhy、whyと聞かれるが自分の意見はないし、考えたこともないからすごく困る。何を話していいか分からないから黙るしかない」と相談を受けました。英語はその文法上からか、環境からか、自分の意見をはっきり持たずに話すことがとても難しいことを実感したものです。特に、英会話初心者は、シンプルな英語を話すことから訓練が始まりますので、英語の構造上、何をどう思うのか、のように結論をまず最初に述べなければ、会話が進みません。Blue Ocean Kidsでは、まずは物事に対する自分の意見を持つこと、それを共有することをご家族で取り組みながら、英語マインドを育てて頂きたいと考えております。もちろん最初は日本語で構いません。日本語で思いつかないことは、英語でも思いつかないのですから。

お手続きについて

学生ビザが必要ですか?

はい、必要です。
ただし、日本での手続は必要ないのでご安心ください。フィリピン・セブ留学のために必要になる、ビザ/SSP/ACR I-Cardについて以下に説明致します。これらすべては現地での手続になり、学校が代行してくれます。

  • ビザ
    フィリピン入国時に、空港で自動的に30日間滞在できる観光ビザを取得できます。滞在が31日以上になる場合は、英語学校が延長手続を代行します。ビザ延長代金は現地ペソでのお支払いになります。
      滞在日数 ビザ延長料金
      30日 無料(30日以内の留学の場合、ビザの費用はかかりません)
    延長1回目 〜59日 3030ペソ
    延長2回目 〜89日 4300ペソ
    延長3回目 〜119日 2330ペソ
    延長4回目 〜149日 2330ペソ
    例)
    4週間(30日)留学の場合・・・無料
    8週間(59日)留学の場合・・・3030ペソ
    12週間(89日)留学の場合・・・3030+4300=7330ペソ
  • SSP
    Special Study Permitの略で、フィリピン法務省管轄の移民局が発行する「特別就学許可証」です。フィリピン・セブ留学する外国人のためのビザの一種とお考え下さい。費用は学校によりますが、6000ペソ〜になります。
  • ACR I-Card
    外国人登録証とお考えください。60日以上フィリピンに滞在する外国人は取得する必要がございます。取得費用は3000ペソになります。
どれくらい前から申し込みすればよいですか?

2〜3カ月前には申し込みできることが理想です。夏休み等の長期休みの時期は、年々、お部屋の確保が難しくなっています。学校への手続は、なるべく早めに、が鉄則です。フィリピン・セブ留学に関心ある方は、まずお問い合わせください。不安要素や質問等はすべて一緒に解決していきましょう。

どれくらいの期間で留学できますか?

1週間単位での留学システムになりますので、最短期間は1週間になります。

現地での生活について

治安に不安を感じます・・・・。

  • 学校内
    Blue Ocean Kidsが紹介する学校は、すべて24時間体制のセキュリティ対策があります。実際に現地に赴き、セキュリティ状況について確認している学校のみを紹介していますので、安心して勉強に集中して下さい。

  • 学校外
    セブはもともと国際的なリゾートエリアで、外国人が多く訪れる場所です。また近年は世界的企業が進出してきているのも、セブの治安の良さが一つの要素になっています。しかし、日本と同レベルの安全さでないことも事実です。これはフィリピン・セブに限ったことではなく、日本以外の国に行くと、日本は本当に治安がよく安全な国であることを実感できます。
    Blue Ocean Kidsでは、外国で自分の身を守るために、最低限のルールを守ることも、国際人として大切なことだと考えます。それは、外国にいることを常に忘れない、暗い道、ひと気がない所を歩かない、怪しい雰囲気の店には近付かない等です。Blue Ocean Kidsで留学される皆さまには、出発前に今一度注意点も含めてアドバイスさせて頂いております。

費用はどれくらいかかりますか?

学校により費用は変わります。また、日本国内でお支払する金額と、フィリピンでお支払する金額がございますので、詳細はご相談ください。各校の詳細ページからご確認ください。

フィリピン・セブ留学の最大の特徴は、提示させて頂いている金額に、留学期間中の食・住・授業料のすべてが含まれていることです。掃除サービス、洗濯サービスも含まれています。逆に言うと、費用に含まれていないものは、飛行機チケット代、成田及びフィリピンの空港使用税、個人のおこずかい、海外保険代になります。

フィリピンの物価の目安を教えてください。

一般的な値段の例です。目安としてお考えください。2014年1月現在、フィリピンペソを日本円2.5円で計算しています。

  • マックのバリューセット 90ペソ  (約225円)
  • タクシー 初乗り料金 40ペソ   (約100円)
  • 映画 50ペソ (約125円)
  • ビール(スーパー) 20ペソ (約50円)
  • ビール(レストラン) 50ペソ〜  (約125円〜)
  • 日本食屋でのラーメン 280ペソ〜 (約700円〜)
  • 大卒初任給 10,000ペソ〜 (約25,000円〜)

両替はどこでできますか?

ショッピングセンターの中にある両替所で両替できます。
Blue Ocean Kidsがご紹介するすべての学校では、到着後に学校スタッフが両替と買い物へと同行案内するサービスがございますので安心して下さい。

インターネット環境はどうですか?

wifi接続が可能です。ただし、接続状況については、安定していない時もあります。これは学校個別の問題、と言うよりかは、フィリピンでのインターネットサービスの質の問題です。メールやメッセージを送る分には問題ありませんが、インターネットによる電話サービスや画像サービスの場合は、ストレスを感じる場合もあります。時間帯等を調整しながら気長にトライする姿勢が望ましいです。

留学中の病気や怪我が心配です。

Blue Ocean Kidsがご紹介するすべての学校には、日本人の現地スタッフがおりますので、万が一の時は、日本人による対応が可能となっています。海外での病気や怪我は想像以上に心細くなります。そんな時こそ、日本語でのサポートは本当に有り難いものになります。きめ細かなサポート体制は、他の英語圏にはないもので、フィリピン・セブ留学を選ぶポイントになります。
病院については、日本語が話せるスタッフが常駐している病院がありますので、安心です。日本語に対応している病院は、大規模な総合病院で、医療レベルに比例して医療費も高い病院になります。必要経費と考え、海外保険には必ずお入りください。